米ヨガジャーナルが選ぶ、感動を呼ぶ世界のヨギ6人

YJ US

米ヨガジャーナルが選ぶ、感動を呼ぶ世界のヨギ6人

最も感動的なヨガの写真が語る!ヨガジャーナル選、感動的なInstagramのアカウントをチェックしよう。

ヨガジャーナル編集部が選んだ、Instagramで感動を与えたヨギたちをチェックしてみよう!

いつでも気になってしかたがないソーシャルメディアプラットフォームがある。それはInstagram。プロによる食べ物の写真から、くだらない話題、お役立ち動画、爆笑もののブーメラン(ループ動画)まで、誰もが楽しめ、ハマってしまう何かがそこにある。私にとってインスタグラムは無限のヨガのインスピレーションを与えてくれるものだ。ラッキーなことに、私の気を惹くのは主にポジティブな記事ばかり。

Instagramに投稿する多くのヨギにとって、美しい背景の前で美しいポーズをとるのが一般的である。しかし、お約束のバリの滝の前でとる美しいダンサーポーズも歓迎だが、私は写真の下にある“キャプション”にフォーカスしてしまう傾向がある。私が見事な写真よりもクローズアップしてしまうもの、それはヨガティーチャーと生徒が“ダルマ”(人生で果たすべき課題)について語る現場、智慧についての感動的な言葉、重要な原因について話しているさま。たとえば@yoga_girl、レイチェル・ブラセンはインスタグラムのポスト、ストーリー、ハッシュタグ#yogaeverydamndayを通して200万人ものフォロワーを獲得している。(世界中のヨギからのポストは400万以上!)

あなたがポストする人、スクロールする人、その両方でも!最近感動をくれた、インスタグラムのヨガのインスピレーションがこちら。あなたもインスピレーションが得られますように。

毎週 @yogajournalは、世界中のヨギからの感動的なポストをリグラム。画像をチェックして私たちとつながろう。インスタグラムでフォローしている、ヨガのインスピレーションをくれるお気に入りのヨギはいますか?

1. 内面の強さのためのヨギ

レイチェル・ブラセン (@yoga_girl)

インスタ
@yoga_girlのインスタグラムより

“パーフェクト”なハンドスタンドの裏側にあるのは、パワフルな母親、企業家、非営利団体を運営するヨギの顔。西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島アルバに住み、たくさんの美しいヨガ写真を投稿している彼女。だが、ブラセンがポストを書くのに時間をかけ心を込めているのは明らかだ。喪失との闘い、子どもを育てることへの挑戦、ポジティブなボディーイメージを祝福すること-いずれにせよブラセンは常に美しい人生観を抱いている。

Traslated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

インスタ
インスタヨギ
インスタグラムヨギ
インスタグラムヨギ
インスタグラムヨギ
インスタグラムヨギ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する