ヨガを愛する男性10人が語るヨガの魅力「僕たちがヨガにハマった理由」

Getty Images

ヨガを愛する男性10人が語るヨガの魅力「僕たちがヨガにハマった理由」

3. チャーリー・コイル

NHL(ナショナル・フットボール・リーグ)ミネソタ・ワイルド/フォワード

チャーリー・コイル
チャーリー・コイル

ミネソタ・ワイルドに入団する前の夏、サマートレーニングキャンプに参加した。トレーナーがいうには、通りを下った所にヨガスタジオがあり、クラスを提供してくれるとのこと。必須ではなかったが、何か役に立ちそうだと思った。それはタフなホット・パワーヨガのクラスで、溢れ出る汗の量は信じられないほどだった。クラスの後は気分爽快で、私とチームの何人かは週に2回通うようになった。まずスケートをし、ウェートリフティングをしてからヨガに行く。その夏は氷上で今までで最高の気分を感じた。呼吸を通してポーズの快適なゾーンを見つけることは、氷上でも役に立ち、氷上に戻る前に心拍数を落ち着かせることができるようになった。ヨガのおかげでウェイトルームでのリフティング中、より呼吸に集中できるようになった。ヨガの柔軟性の側面は、ホッケー選手にとってとても大きい。人間がスケートをするように作られているのかはわからないが、私たちの腰はとてもこわばっている。ピジョンポーズは私の腰に驚くほど効果があった。より多くの筋肉を使用するほど、こわばりは強くなる-そしてヨガを行うための理由も増えるんだ。

4. シーマス・マレン

シェフ、マウンテンバイカー

シーマス・マレン
シーマス・マレン

関節リウマチに苦しみ最終的に悪化してしまったとき、ヴィンヤサヨガのプラクティスを試した。炎症から私の体は硬く、こわばりがひどすぎたので、リストラティブ・ヨガも試してみたら体を落ち着かせるのに役立った。ブロックボルスターの助けを借り、ゆっくりとリラックスしてポーズに入ることができた。上達するにつれ、プラクティスについて学ぶことに興味を持つようになった。今では毎日ひとりでフローを行っている。それが人生のほかのフィジカルな側面にも役に立っていると感じており、おかげでランニングやサイクリングも改善された。呼吸を理解することの影響は大きい。実際にスポーツで教えられてはいないが、自転車で丘を登るときにはウジャイ呼吸を行う。酸素摂取量をコントロールするのに役立ち、乳酸を取り除き、迅速に回復することに直接的な関係があると私は考えている。サイクリングでは、呼吸の制限される不安定な姿勢になる。また、Big Climb(高いビルの階段を最上階まで登る)のような不快な状況でも体がこわばるだろう。自転車、キッチン、歯科医の椅子、または、タトゥーを入れるとき、つまりあなたがストレスに直面したとき、体全体が緊張する。すべてにギュっと力が入っているので、呼吸を行うよう自分自身に気づかせる必要がある。

私はヨガから学んだことを日常生活にも活かそうとしてきた。基本的に誰もがあなたを打ちのめそうとしているかのような、ニューヨークシティでの自転車通勤中にも大いに役に立った。呼吸を通してあなたの感情を調整し、他人の怒りをやり過ごすことを学ぶことには、素晴らしい価値がある。ビジュアライゼーションを通して、呼吸でリードすること、動きを作る前に動きをよく考えられるようになった。これは、特にハンドスタンドに役立った。動き始める前に、自分がそのポジションにいるのが見える。自転車に乗っているときに誰かに殴られても、怒りやイライラ、激怒で応えるのは簡単だが、そうする代わりにただ呼吸するんだ。

5. ネイト・デニソン

ヨガティーチャー

ネイト・デニソン
ネイト・デニソン

10代の頃、ハムストリングがとても硬くて、野球、バスケットボール、サッカーをプレイすることができなかった。私はスポーツに熱い思いを抱いており、ゆるめるためたくさんのことを試した。そして、ある時母がヨガを勧めてきた。私は負けず嫌いで、自分が多くのポーズをとることができず、結局ストレッチをして終わってしまうのが嫌だった。大学を卒業後、ニューヨークへ移り、ヨガを本気で愛している女性と付き合うようになった。彼女は“Pure Yoga”という素晴らしいスタジオを経営しており、私は無料でクラスを受けることができるようになった。その後、彼女との関係はうまくいかなかったが、私はそこから自分のプラクティスを育て、ビクラムヨガに傾倒していった。だがキャリアや生活環境、人間関係での経験がなかったとしても、結局クラスとプラクティスにつながっていたように思う。思考が湧き上がり、それらを手放すことができ、そしてクラスが終われば、すべての不安をマットの上に置いて立ち去り、少し安らいだ心でドアから出ていく。人生に対する答えすべてを見つけ出すことは難しいかもしれないが、決定と自己認識のセンスは磨かれる。それにアクセスできることは、とてもパワフルなことだと思う。ヨガはフィジカルな柔軟性を与えるだけではなく、メンタル面でも柔軟性を与えてくれる。考えることや行うことにおいて、ほかの方法をとることにオープンになるだろう。今私はヨガを教えている。まだすべてのポーズをとることはできないが、それが必ずしも良いティーチャーの条件ではないことを実感しているんだ。

Text by YJ EDITOR
Trasnlated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

デイブ・カラマ
マイルス・フェノン
チャーリー・コイル
シーマス・マレン
ネイト・デニソン
チャド・デニス
ケビン・ピアース
ジェリー
スティーブン・ナイマン
マーク・ウィルコック
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する