9月17日から9月29日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

Illustration by MAI TSURUMOTO

9月17日から9月29日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

湯浅香子
湯浅香子
2018-09-17

9月17日から9月29日までは「白い風の13日間」

赤い月の13日間はいかがだったでしょうか? 浄化のエネルギーに乗って、身も心も清められましたか? 今日9月17日から29日までは「白い風の13日間」になります。

マヤ暦
Illustration by MAI TSURUMOTO

マヤ暦では「白い風」のエネルギーは、目に見えないものを大切にする13日間ということになります。この13日間は繊細な感性、感情、スピリチュアル的なものや インスピレーションが舞い降りてくることの多い13日間です。例えば神社仏閣にお参りに行くとかお墓参りに行くとか、この世にはもういない人に思いを馳せてみる…ということも、この期間に行うととても良いと思います。

また白い風には「 共感力」というキーワードがあります。その共感力も、目に見えるものではないですが、共感したりされたりすることで人間はとても癒されるものです。分かってもらえている安心感は、何者にも変え難いですよね。まずはあなたから共感力を発揮してみましょう!

それから白い風にはもうひとつ、「伝える力」というキーワードがあります。これは自分の思いを自分の言葉で伝えるということ。でも、すんなり実践できればすごく良いことなのですが、私たち日本人は割と苦手ですよね?でもせっかくの「白い風の13日間」なので、この期間にぜひ自分の思いを自分の言葉で「伝える」ということにチャレンジしてみましょう。白い風の紋章を持った有名な方といえば、美輪明宏さん。まさに「伝える力」もおありですし、繊細な感性や感情、そしてスピリチュアルなところまで、まさに白い風の紋章を生きてらっしゃるなぁと思います。 一度だけ舞台にお邪魔したことがありますが、やはり何か神々しいものを感じました。美輪明宏さんのようにはなれないかもしれませんが、「白い風の13日間」は普段スピリチュアルに興味がない人も、見えないあの世のエネルギーを感じて…心静かに過ごされることをお勧めします。 

Illustration by MAI TSURUMOTO

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マヤ暦
安楽座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する