硬い・初心者・柔らかすぎる...3つのタイプ別「ヨガの壁」 の乗り越え方とは?

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

硬い・初心者・柔らかすぎる...3つのタイプ別「ヨガの壁」 の乗り越え方とは?

ヨガを始めて間もない頃は体幹が弱く、ポーズがとりにくいもの。それに加えて体のクセや柔軟性が邪魔をして伸び悩む人が少なくありません。そんな誰もが一度は直面する「ヨガの壁」の乗り越え方を、誌上レッスンします!

安全で正しい姿勢が壁を乗り越えるカギ

ヨガをしていると自分だけうまくポーズがとれていない気がしたり、「全然気持ちよくないけどこれで合っているの?」と思ったりすることがあります。こうした「ヨガの壁」を乗り越えるには、ポーズを正しいアライメントに近づける意識を持つことが大切。
「たとえば初心者は体幹が鍛えられておらず、体の使い方もよくわからない状態。まずは足の幅や手足のつき方など、基本的な部分から整えていくことで必要な筋肉が育っていき、柔軟性もアップします」(佐藤ゴウ先生)

佐藤ゴウ、HANAE
教えてくれるのは、佐藤ゴウ先生とHANAE先生/Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

また、体が柔らかすぎる人は体幹が弱く、肋骨が出たり、必要以上に体を反ったりしがち。反対に硬い人は体の内側が緊張し、ポーズを深めづらい状態なのだとか。 今回はヨガのクラスによく出てくるベーシックな5つのポーズに、ヨガ好き3名が挑戦。ゴウ先生とHANAE先生が、上達ポイントを指導します。
「ポーズがうまくできるとヨガを続けるモチベーションになるだけでなく、『安全でけがをしにくい』ということにもつながります。ポーズの効果も出やすくなりますよ!」(HANAE先生)

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Styling by Chie Hosonuma
Hair&make-up by Sachiko(U-REALM)
Text by Megumi Nishijima
Yogajournal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

佐藤ゴウ、HANAE
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する