中国整体医師に聞く肩こりセルフケア|広背筋を押した後〇〇するだけで肩が軽く!

PIXTA

中国整体医師に聞く肩こりセルフケア|広背筋を押した後〇〇するだけで肩が軽く!

HOW TO

1.両脚を軽く開いて立ち、左手を右の肩甲骨の下へ回す。筋肉を斜め下方向へ押して30秒ぐらい維持した後、同じ向きに10秒程度ゆらす。反対側も同様に行う。

マッスルリセッティング
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

押さえる部位
広背筋は、肩甲骨の下から逆三角形のような形でついています。肩を上下に動かし、肩甲骨の下の角に触れたらその下を押さえて。

マッスルリセッティング
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.左手を胸の方から右の脇の下へ差し込む。右肩を少し落とし、手のひらで筋肉をつかみ、上へ持ち上げて30秒ぐらい維持した後、10秒程度ゆらす。反対側も同様に。肩甲骨の下角より少し下の、脇に近い部分を前から押さえます。広背筋は上下、横に走っているので、多方向からほぐしましょう。

平沼ファナ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

押さえる部位
肩甲骨の下角より少し下の、脇に近い部分を前から押さえます。広背筋は上下、横に走っているので、多方向からほぐしましょう。

マッスルリセッティング
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは...黄 烟輝先生
日本福山平成大学福祉健康学部福祉学科卒業、中国整体医師。中華人民共和国医師資格、中華人民共和国大学教師資格を保有。現在は広島県福山市を拠点に、中国整体院や体質改善センターなどを運営。

中村 尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。UTLにて長年ヨガの解剖学の講師を担当。医療とボディーワークの融合、予防医学の確立を目指し活躍中。「TAKT EIGHT」主宰。

モデルを務めたのは...平沼ファナさん
数々のファッション誌の読者モデルとして人気を博し、現在はテレビ、雑誌などで活躍中。ヨガインストラクターの資格を持っている。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アンジャネーヤーサナ
アンジャネーヤーサナ
マッスルリセッティング
平沼ファナ
マッスルリセッティング
マッスルリセッティング
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する