「戻れる場所があるから、自分に自信が持てる」内山理名さんが語る「ヨガのある人生」とは

Satoshi Kuronuma

「戻れる場所があるから、自分に自信が持てる」内山理名さんが語る「ヨガのある人生」とは

今年デビュー20周年を迎える内山理名さん。愛らしい役からシリアスな人間像まで繊細な演技は観る者を引き込みます。着実にキャリアを重ね、唯一無二としての存在感を誇る一方で、プライベートでも、早朝のスタジオに現れた彼女は柔らかな笑顔でその場をふわっと和ませ、会うたびその素顔にも惹きつけられます。

ヨガマットは「戻れる場所」

「実は私、ヨガのおかげで演じることがすごくラクになれたんです。昔は役を日常にも引きずって、辛い役では自分の思考もネガティブになったり、同時期に4役を演じていたときは本当の自分を見失ったり。自分じゃなくなる、本当の自分がいたらダメだって、不安でいっぱいでした。それがヨガで自分の心と体を整え直すようになったら、自分と役を切り分けられるようになって。ヨガは自分と向き合い、今どんな状態かを知る時間。そんなヨガがあることで『戻れる場所がある』って思えるから自分に自信が持てる。それがすごく大きな変化だったんです」

内山理名
内山理名さん(Photo by Satoshi Kuronuma)

彼女がヨガに引き寄せられたのは、女優業が多忙なあまり心身の疲労を感じていたとき。ふと渡されたヨガマットとヨガDVDが、そのきっかけをくれたそう。
「ジムで時どきヨガクラスに参加していた頃、友人が誕生日にヨガマットとケン・ハラクマ先生のDVDをくれたんです。20代前半、当時仕事が立て込んで睡眠も休養もあまり取れず、自分を否定的に思うことも多くて。そんなときにDVDを見ながら家でヨガを始めてみたら『あ、気持ちいい~!』って心も体もすごく解放されて、どんどんヨガが好きになっていきました」
数年後にはヨガや体について学びたいと、3カ月かけて講師の資格を取得。その後も女優業に勤しみながらスタジオに通い、ますますヨガ愛が膨らむなか、本誌との連動でTTコースを受講し、一昨年RYT200を取得しました。

photos by Satoshi Kuronuma(aosora)
styling by JURIKA.A
hair&make-up by Marie Sakano(Allure)
text by Ayako Minato
pose instruction by HANAE
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

内山理名
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する