全方位から体幹にアプローチ!“四六時中燃える体”を作る6つのヨガポーズ

Getty Images

全方位から体幹にアプローチ!“四六時中燃える体”を作る6つのヨガポーズ

強い体幹はポーズの安定感を高め、体の代謝を上げる。世界的なヨガ指導者コーラル・ブラウンがおすすめする6つのヨガポーズから成るシークエンスで、全方位から体幹にアプローチ。燃焼効率のいい、締まった体を作ろう。

1.前腕で支える横向きのプランクポーズ

脇腹を強化するこのポーズは、コアを活性化することでバランスがとりやすくなることを教えてくれる。ヴァシシュターサナサイドプランクポーズ)同様、中心力に挑むバリエーションだ。

HOW TO

コア
Photo by Victoria Yee

肩の真下に肘がくるように横になり、反対の手をおへその前に置き、両脚をそろえて積み重ねる。前腕、手のひら、足を床に力強く押しつけ、両脚を突っ張って腰を持ち上げる。下になっている脇腹を引き締め、肩が押し崩れないように反対の腕を天井に向かって力強く伸ばす。頭頂、股関節、土踏まずまでしっかりとアラインメントを意識する。強度をプラスしたい場合は骨盤を上下する動きを加える。

Sequence by Coral Brown with Hillari Dowdle
Photos by Victoria Yee
Translated by Kanako Izawa
yoga Journal日本版Vol.31掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

コア
コア
コア
コア
コア
コア
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する