バランスポーズ安定のカギは「内側重心」|座ったまま内腿を鍛えるヨガ的トレーニング

Nobuhiro Miyosh(RELATION)

バランスポーズ安定のカギは「内側重心」|座ったまま内腿を鍛えるヨガ的トレーニング

かっこよく決まるヨガポーズの肝は内側重心。特にバランスポーズは安定感が格段に上がり、ふらつきを防げます。深いツイストで内腿を鍛えるワークを、人気ヨガ講師の柳本和也先生に教えてもらいました。

内腿を鍛えてバランス力UP!

軸足の外側に体重がかかると外腿が力み、不安定な姿勢に。グラつきを抑えるポイントは、軸脚の重心を内側にすること。半分の魚の王のポーズのアレンジで内腿を強化し、中心軸の通ったポーズを目指しましょう。

CHECK

手で膝を抱える。手を放してもキープできるよう立てた脚の内腿に力が入っているのを意識。

半分の魚の王のポーズ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

HOW TO

1.あぐらになり、左膝を立てて右脚をまたぐ。両手を、できるだけ高く天井方向に上げ、背筋をしっかり伸ばす。

半分の魚の王のポーズ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.両手を体の前へ、肩の高さまで下ろす。左手を真横に開きながらお腹をねじり、親指と人差し指を軽く合わせて5呼吸キープ。反対側も同様に行う。

半分の魚の王のポーズ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT
両手を体の前へ、肩の高さまで下ろす。左手を真横に開きながらお腹をねじり、親指と人差し指を軽く合わせて5呼吸キープ。反対側も同様に行う。

 

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazek(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

半分の魚の王のポーズ
半分の魚の王のポーズ
半分の魚の王のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する