ヨギにとってのパラダイス、オーストラリア・ボンダイビーチを街歩き

yoga journal australia

ヨギにとってのパラダイス、オーストラリア・ボンダイビーチを街歩き

オーガニック・ヘルシー感度の高いオーストラリア。シドニーのメイン・ビーチのボンダイ周辺は、クールでトレンディなヨギの街だった。ヨガジャーナル・オーストラリアの筆者がボンダイを歩き、レポートしてくれた。

4年前、シドニーの喧騒から逃れ、つつましい生活を求めてニューサウスウェールズ州北部、ノーザン・リバース地域を訪問した。バイロンでの束の間の旅は名残惜しく、シドニーでの日常生活につきもののあわただしさに戻るのは少し怖い気がした。

ワインを愛し、9時5時で働くグルメな生活にしぶしぶ戻るも、グリーンスムージーを愛するヨガ愛好家となった私には、都会の生活の新しい側面が見えるようになっていた。ボンダイビーチは典型的な都会ではないが、シンプルライフともほど遠く、エキサイティングなヨガのムーブメントが巻き起こっていた。

到着すると、何か家庭的なものが食べたい気分に。すると、すぐにいちばん近くのビーガン向けカフェを教えてもらえた!ボンダイでは家と外の区別があまりない印象だ。地元の人々はワンコとぶらつき、奥様たちは海岸沿いをウォーキング、サーファーたちはクールにストリートを闊歩している。皆気楽なスタイルで過ごしている。すぐに私もどこかに加わりたい気持ちになる。ヨガを探そう!

宿泊

ノース・ボンダイまでの道のりは期待でいっぱいだった。宿泊は新しいヨガのリトリート、Bondi Yoga House。オーナーのアマンダとベニーは企業の仕事を辞め、世界中を旅して回って友達を作り、ヨガを勉強し、ボンダイ初のヨガリトリートセンターを開くためシドニーに戻ってきた。この若く、フレンドリーなふたりの目標は、気の利いた一杯のワインとステイを楽しみたいヨギに向けて、魅力的なスペースを作ることだった。シックな宿泊施設でのプチ共同生活。いつでもリトリートに参加可能で、ヨガプログラムも毎日開催される。新鮮でおいしい食事と、周辺の探索も楽しい。看板犬のボンダイのおかげで、とっても家庭的な雰囲気。観光地からもほどよい距離感だ。

ボンダイ
Bondi Beach House
ボンダイ
Bondi Beach House

数日後、ひとりの時間とビーチサイドのリラクセーションを求めて、Bondi Beach Houseへ。かわいくて居心地のよいビーチスタイルのB&Bに着いたら、一瞬でリラックス気分に。ボンダイの象徴的なビーチからも歩いてすぐだ。ここはひとりでリラクセーションを楽しむ人や、ロマンチックな休暇に向いていて、今回訪問したヨガスタジオ含め、あらゆるアトラクションに徒歩でアクセスできるロケーションだ。

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ボンダイ
ボンダイ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する