ぼんやりした希望を「明確な目標」に変えるためのメソッド

PIXTA

ぼんやりした希望を「明確な目標」に変えるためのメソッド

HALLIE LEVINE
HALLIE LEVINE
2017-11-21

夢や願望、目標をもつことは大切だ。だが、すべての人が、明確な夢や目標を持っているわけではない。人によっては、なんとなく「こうしたい」「ああなりたい」といった思いがあるだけで、それらを輪郭のはっきりした「目標」や「夢」「願望」まで昇華しきれていない人もいるはずだ。ぜひ、ニューヨークを拠点に活動するヨガティーチャーであり、パーソナルコーチであるエレナ・ブロワーが影響を受けたという個人開発テクニック「Handel メソッド」を使って夢のポイントをはっきりさせてみて。

STEP1. 「もしお金が山ほどあったら何をしたいか?」を尋ねてみる

夢や願望をもつためのメソッド
(Photo by PIXTA)

目を閉じて、自分自身に「もしお金が山ほどあったら何をしたいか?」を尋ねてみる。しばらく座ったまま深呼吸をして考えて、最初に頭に浮かんだ3、4個のアイデアを紙に書き出してみよう。

STEP2.  自分の人生のストーリーを作って書いてみよう

夢や目標をもつためのメソッド
(Photo by PIXTA)

ステップ1で出た最も理想的なアイデアを選び、その詳細を書いていく。コツは現在進行形の言葉遣いと、肯定形で書くこと。例えば、「事務仕事、ペーパーワークはやりたくない」ではなく、「自分の才能を活かしながら、人々と協力して働いている」というように。これはあなただけのライフストーリーなので、歌うように楽しく、自由な発想で、気分や感情も織り交ぜながら情景が目に浮かぶよう、豊かな詳細を盛り込んでいこう。

STEP3. 夢を体で感じてみよう

夢や願望をもつためのメソッド
(Photo by PIXTA)

ステップ2で書いた文章を声に出して読む。その途中で時々読むのを止め、体がその文章をどう感じるか観察する。自分で作ったライフストーリーを読んで、どんな感情が沸き起こってくるか、そして呼吸はどんな状態か。もしそのストーリーが心の底から望む本当の理想である場合、アライメントの整ったヨガポーズをしている時と同じような清々しさと高揚感を体で感じるはずだ。

STEP4. 繰り返そう

夢や願望をもつためのメソッド
(Photo by PIXTA)

もし自分で作ったライフストーリーが体と共鳴せず何かしっくりこなければ、これだ! と感じるまでステップ1から3までを何度か繰り返す。覚えておきたいのは、自分が書いたストーリーやルールは、必ず現実に反映するということ。しかしそれと同時に、そのルールを更新したり、変えたりすることができるパワーが私たちにはいつもあるということだ。自分自身が感動できるようなヴィジョンが出来上がったら、これから実現することとして受け止められるように毎日眺められる場所に貼ろう。

Translated by Joy Yu Natsume
yoga Journal日本版Vol.40掲載

All photosこの記事の写真一覧

夢や願望をもつためのメソッド
夢や目標をもつためのメソッド
夢や願望をもつためのメソッド
夢や願望をもつためのメソッド
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する