ニューヨークの最新ヨガシーンでわかった12のこと

YJ US

ニューヨークの最新ヨガシーンでわかった12のこと

世界の最も近代的な都市ニューヨークのヨガ事情とは?ヨガジャーナル米版が探る、最新のヨガ事情を紹介。伝統的なヨガの革新系から、ニューヨーカーのヨガスポットまで、レポート形式で紹介する。

眠らない街と呼ばれるニューヨークシティ。ニューヨーカーたちは、余暇にさまざまなヨガ・プラクティスをして過ごしていることが判明。最初の目的地、ニューヨークのヨガシーンで弾丸調査を終えた。どこにでもいるヨギ、有名なヨガ・ティーチャーのワーク、ハンズオンアシストについて継続中の論争などとの出会いを振り返り、ヨガの軌跡に光を当てる。

Live Be Yogaアンバサダーであるジェレミー・ファルクとアリス・シーバーグが、マスター・ティーチャーたちとのリアルトークをシェア、革新的なクラスを探すため全米を旅する企画。

すべては待ち受けるヨガの未来に光を当てるためにーー。

ヨガの未来についてニューヨークシティで学んだ12のこと

1. ニューヨークで静寂を見つけることは簡単

ニューヨーク
YJ US

ヨガの未来はここにある! ニューヨークシティの中心部、未来型のバスの中で15~30分の瞑想ガイドを提供するBe Timeモバイルメディテーションスタジオは、伝統的なプラクティスを組み合わせたモダンなイノベーションを走らせている。ストリートからバスに乗り込んだとたんに世界が一変し、街が消えてなくなってしまったようだ。車内のティーチャーがまず始めに心を落ち着かせるセンタリング・プロセスをガイドし、そののちに瞑想のプラクティスをリードしてくれる。あなたのスケジュールがどんなに忙しくても、Be Timeは最も実用的な方法で定期的に生活に瞑想を届けてくれる。

2. ヨガと瞑想はあらゆる職業の人々に浸透

ニューヨーク
YJ US

セントラル・パークを歩いていると、橋の上でギターを弾き自前の歌を唄う、博識で魅力的なイライジャと予期せず話すことに。ヨガと太極拳の体験が、呼吸の大切さを教えてくれたと語る。体から緊張を解放するのに、いかに呼吸が役に立つか説明してくれた。イライジャと偶然にも出会い、情熱とユーモアをもって人生に安らぎをもたらすプラクティスについて話す彼を見ているのは素晴らしいことだった。

3. ヨガカルチャーのコミュニティは深い

ニューヨーク
YJ US

ニューヨークシティであらゆるスタジオに滞在、クラスにも参加し、ヨガコミュニティの階層の奥深くまで招待された。それぞれが独自のスタイルだったが、どこも“conscious-minded(心を意識した)”個人が集団をひとつにまとめるため、潜在的に共通した意向を持っていた。そこでの仲間は常に自分たちをよりよくすることを選択し、経験をシェアするため団結している。この考えの似た人々は、都市の生活の喧騒へしっかりと落ち着いて取り組み、日常生活を充実させている。

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する