ケガから精神的、身体的、感情的に回復する5つの方法

YJ US

ケガから精神的、身体的、感情的に回復する5つの方法

LAURA BURKHART
LAURA BURKHART
2018-05-22

ケガをするとそれにまつわるさまざまなことを経験するかもしれない。だが、ケガ=あなた自身ではない。ケガから精神的、身体的、感情的に回復する5つの方法をご紹介する。

腰のケガからゆっくりと回復してきたこの2年間、ケガは単に体にダメージを与えるだけではなく、大きなインパクトを与えることを学んだ―もしあなたがアクティブな人だったり、私のようにプロとして体を使う仕事をしている場合は特にそうだ―精神そして感情、お金の面でも大打撃を受けるだろう。アンドレア・フェレッティがホストを務めるYogaland Podcastで、ケガをしている間の精神的・身体的、感情的・金銭的なことについて語っている。そしてヨガ・ティーチャーとして直面した困難についてや、私に希望を与えてくれたもの、ケガの経験を処理しやすくしてくれたことについても語った。ケガをした直後の半年は特に大変だったが、この人生を変えてくれるようなステップを実行したらずっとラクになったという。

ケガから回復する5つのステップ(マットとマット以外でできること)

1.ケガをケアすること、しかしケガに人生を乗っ取られてはいけない

ケガに対処するとき、体は当然念入りにケアするだろう。ケガに響くようなアクティビティは避け、必要な治療はもちろんすべて受けると思う。治癒のプロセスに長い時間がかかることを知っているなら、あなたのアイデンティティをケガに冒されないことが大切だ。あなたは単にケガとそれにまつわることを経験しているだけで、決してあなた自身がケガだというわけではない。こんな特定の経験より、あなたやあなたの人生にはもっと大切なことがある。

私はずいぶん昔、消化路全体に影響する健康上の問題があって、インドで寄生虫をもらい悪化させてしまったときにこの教訓を得た。その後数年にわたり、私の人生は考えること、話すこと、読むことなど何もかも胃腸を中心にして回っていった。健康上の問題、それを解決しようとするとこれほどまでに人生の一部になり、私やまわりの人にとって健康的ではなかった。

今回は、教えたり眠ったりの日々の活動に影響するような痛みが続いたのは最初の半年だったが(サンダル以外は自分で履けなかった)、決してこの痛みに人生を乗っ取られないようにしようと思っていた。医師の治療にはきちんと通い、治癒の助けになる活動も行ったが、この経験が意識のすべてになることがないようにした。外には大きな世界が広がっており、腰にフォーカスするよりもっといい生活がある。

教訓:定期的にケガやネガティブな状況、治癒の後退について語ったり考えたりすればそれ強めてしまう。治癒のステップの間は人生のポジティブな面にフォーカスして。

2.自分のケアを最優先に。感情を感じて、しかし立ち止まらないこと

ケガは体にダメージを与えるだけでなく、あなたを弱い立場に追いやり精神的にも感情的にもひどく傷つけるだろう。ケガしたあとの数カ月、私はたくさんの内面の混乱や不安、抑うつを感じた。文字どおり、そして比喩的にもどうすれば自分自身の2本の足で立てるかを考えた。どれくらいの期間この制限された状態におかれるのか、どれくらいティーチングとキャリアに影響するのか、10年以上もヨガの世界だけで働いてきたので、他にできる仕事はあるのか?すべてを諦めた時、どこで生きていけばいいのだろうか?ふつうはこの種の不安を解消するために、歩いたりアーサナ・プラクティスを行うが、このときはその選択肢は選べなかった。

この不安定な時期を乗り切るいちばんの方法は、日々行うべきことを考えることだった。そうするとサポートされ、自分がすっかり元どおりになった気がした。ストレス解消に、脚に浮きを挟めば泳げることを発見したし、それ自体瞑想のプラクティスをしているような気分になれた。ウォータープルーフのiPodを持ち込めば、水中パーティに早変わり。気分を明るくするため、体を太陽の光に当てることを再開した。友達との時間を増やし、私がいかにジャグジーや温泉、公衆浴場、波の音を聴くこと、マッサージチェアを愛していたかわかった。

教訓:リラックスできてサポートされている気になることを見つけよう、そして実行!

Translated by Shuko Kurokami

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する