理想の人と出会うには? | 初めてのヨガ哲学

PIXTA

理想の人と出会うには? | 初めてのヨガ哲学

ヨガ哲学には、私たちが幸せに生きていくためのヒントがたくさんあります。でも「哲学」っていうくらいだから、難しいのでは? そこで、読者を代表して平沼ファナさんがヨガ哲学を体験! 身近な悩みを佐藤ゴウ先生にぶつけてみました。今回のテーマは「理想の相手」ということについて。

こだわりを捨てて、まずは理想の自分に

佐藤ゴウ先生(以下、佐藤):ファナは、どういう人がタイプなの?
平沼ファナさん(以下、平沼):条件はいろいろあるのですが、なかなかこの人っていう人に出会えなくて……。
佐藤:全部の条件を満たす人なんて、いないんじゃない。
平沼:でも、理想の条件はやっぱり曲げられない。
佐藤「理想」って「こだわり」になりやすいって知ってる? こだわりが強すぎると、心も体も硬くなっちゃうよ。
平沼:私の体、バッキバキです。
佐藤:ヨガでも、できないポーズにこだわりすぎるとストレスになるでしょ。手に入らないものに執着するより、目の前にあるもののすばらしさに気づけるほうが幸せになれる。自分も含め、人のいい部分を認めていけるといいよね。
平沼:でも、みんなもこういう人が理想だって言ってますよ。
佐藤人は人、自分は自分。同じじゃなくていい。まずは自分自身を磨くことに意識を向けてごらん。自分が充実してくれば、人のことは気にならなくなってくる。そのためには、ちゃんと自分を観察すること。理想の相手を求める前に、理想の自分になることが先なんだよ。
平沼相手に求める前に自分を磨く、ですね。
佐藤:自分が磨かれてくると、人に求めることも変わってくると思うし、理想の自分に近づけた人はイヤでもモテるよ。
平沼:キラキラオーラに変わるんですね。私、そこを目指します!

おさらいしてみよう

理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには

ヨガの教え

人は人、自分は自分という考えを持つ

毎日たくさんの情報が入ってくる現代。意識を外にばかり向けていると、周囲に振り回されて疲弊してしまうことがあります。ヨガで自分を観察する習慣をつけると、人は人、自分は自分という考えを持ちやすくなります。人からどう見られているかも気にならなくなります。

おすすめポーズ

ウサギのポーズ

理想の人と出会うには
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

頭を下にし、目線の先に自分の体だけが見えるこのポーズは、自分観察におすすめ。こうして視界情報をシャットダウンすると、自分の内側により意識を向けやすくなります。

 

プロフィール

教えてくれたのは

佐藤ゴウ先生

ヨガインストラクター。IHTA理事。YMCヨガスタジオにてクラスを担当するほか、各地でのヨガイベント講師としても活躍。ヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」も展開している。

教わったのは

平沼ファナさん

数々のファッション誌の読者モデルとして人気を博し、現在はテレビ、雑誌等で活躍中。ヨガインストラクターの資格を持つ。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Yaginuma
Edit&text by Yasuko Ito
yoga Journal Begginers日本版Vol.2掲載

All photosこの記事の写真一覧

理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
理想の人と出会うには
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する