嫌いな人とうまく付き合うには? | 初めてのヨガ哲学

PIXTA

嫌いな人とうまく付き合うには? | 初めてのヨガ哲学

ヨガ哲学には、私たちが幸せに生きていくためのヒントがたくさんあります。でも「哲学」っていうくらいだから、難しいのでは? 身近な悩みを、佐藤ゴウ先生にぶつけてみました。今回のテーマは「嫌いな人との付き合い方」。

「嫌い」を「慈悲」に置き換えてみる

平沼ファナさん(以下、平沼) 最近、どうしても許せない人がいるの。すごく自分勝手で、本当にイライラしちゃう!
佐藤ゴウさん(以下、佐藤) あれ、ファナにしては珍しく怒ってるね。
平沼 私、一度「嫌い」って思っちゃうと、どんどんイヤになっちゃうんです。どうしたらいいですか。
佐藤 そんなときはその人の立場になってお互いの関係を見てごらん。
平沼 あの人の立場になるなんて、とんでもない!
佐藤 「イヤな人」じゃなくて、「私に嫌われてかわいそうな人」って思えてこない?
平沼 でも、みんなからも嫌われているんですよ。
佐藤 みんなから嫌われているなんて、ますますかわいそうな人じゃない。「みんなで嫌おう」じゃなくて「かわいそうな人だから応援しよう」って慈悲の心に置き換えてみようよ。
平沼 慈悲ですか。
佐藤 そう。きっとその人の心は満たされていないはず。人は本来、心が満たされているときは優しくなれるものなのに、それができないのは、仕事や人間関係に疲れているとか、何かしら原因がある。原因が何であれ、満たされていないから優しくなれない。
平沼 そう思うと、かわいそうな人に思えてきた……。
佐藤 その人が満たされた人生を送れるように、ヨガをすすめてみるのもいいかもね。
平沼 はい! なんだか、見方を変えただけで気持ちがとても楽になりました!

おさらいしよう

嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには

ヨガの教え:自分が変わると見え方も変わる

人間関係がぎくしゃくしたときは、なんとかして相手を変えたいと思いがち。でも、人は変えられません。それより自分の考えを変えれば、ものの見え方が変わってきます。すると、「諸行無常」という言葉が表すように、相手も変わってきます。なにもせず相手が変化したのではなく、自分が向き合い方を変えた結果なのです。

 

おすすめポーズ

三角のポーズ

嫌いな人と付き合うには?
(Photo by NOBUIHRO MIYOSHI)

このポーズの特徴は、上半身を傾けて、天を仰ぎ見ること。考え方をガラリと変えたいときなどは、こうして普段とは違う視点からものを見るといいでしょう。

 

プロフィール

教えてくれたのは

佐藤ゴウ先生

ヨガインストラクター。IHTA理事。YMCヨガスタジオにてクラスを担当するほか、各地でのヨガイベント講師としても活躍。ヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」も展開している。

教わったのは

平沼ファナさん

数々のファッション誌の読者モデルとして人気を博し、現在はテレビ、雑誌等で活躍中。ヨガインストラクターの資格を持つ。

 

 

 

 

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Yaginuma
Edit&text by Yasuko Ito
yoga Journal Begginers Vol.2掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

嫌いな人と付き合うには?
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
嫌いな人と付き合うには
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する