クジラが見えるヨガスタジオで極上の休日を|世界自然遺産・屋久島の「アナンダチレッジ」

Ananda Chillage

クジラが見えるヨガスタジオで極上の休日を|世界自然遺産・屋久島の「アナンダチレッジ」

YURI HAYASHI
YURI HAYASHI
2018-04-25

海と山に囲まれパワースポットとしても人気の屋久島は、日本における世界自然遺産の第1号で、人気アニメ映画の舞台になったともいわれる神秘と自然あふれる島です。そんな屋久島でヨガをしたら、よりパワーチャージできそうです。

大自然に囲まれたヨガスタジオ

いつものスタジオでレッスンするのも集中しやすいかもしれませんが、ヴァカンスや大型連休を使って、旅先でヨガ体験するのもおすすめです。2015年に屋久島にオープンした「Ananda Chillage(アナンダ チレッジ)は、宿泊施設もあるヨガスタジオ。約30畳の広さで、天井も約4mの高さ。元々あった建物を利用したのではなく、「ヨガが気持ちよくできるように」と設計されたスタジオです。

アナンダチレッジ
床は杉の木材、壁は珪藻土。気持ちのよい空間でヨガができる。スタジオ主宰者のこだわりが詰まった空間。

床は、杉の無垢材で冬も裸足でも温かく、壁は珪藻土で梅雨時期の湿気も吸ってくれます。南向きの大きな窓からは海が見え、レッスン中にザトウクジラが見えることもあるそう。まさに、大自然に抱かれながらヨガをしているような気分になれそうです。

アナンダチレッジ
スタジオからの眺望

ヨガマットやヨガブロック、ヨガベルトなども準備されているので、旅の荷物が増える心配もなし。シャヴァーサナのときには、アイピローやブランケットも借りられます。「アナンダチレッジ」を主宰するのは、ヨガ講師の国本ミキさん。インドにヨガ留学し、全米ヨガアライアンスRYT200を取得した彼女のこだわりが詰まったヨガスタジオです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アナンダチレッジ
アナンダチレッジ
アナンダチレッジ
アナンダチレッジ
アナンダチレッジ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する