「ミスしちゃった…!」顔面蒼白な事態を冷静に乗り越えるマインドフルネスの方法

Getty Images

「ミスしちゃった…!」顔面蒼白な事態を冷静に乗り越えるマインドフルネスの方法

KANA ITO
KANA ITO
2018-04-06

2.呼吸で身体を調整する

「緊張してる!」「焦ってる!」と思った時に「落ち着け落ち着け」と言い聞かせても、残念ながらまったく効果はありません。それよりも、力が入らないところ、不安定なところ、逆に力が入っているところ、と緊張が現れている身体の部位を探し、そこをほぐすことで、心の緊張を取り除いていきます。

・「首の後ろが緊張してるかも」と感じたら、吐く呼吸をその部位に送って、少しリラックスさせてあげて。

・足裏は、逆に力が入らない感覚かもしれないので、グラウンディングを意識して、吐く呼吸で下半身全体をどっしりさせましょう。

・緊張すると喉が渇き、何を話してもカミカミになりやすいので、水を飲んで口を潤しましょう。

3.いつものクセを知る

心の状態が、身体のどこにでやすいかは、人によって違いがあります。

・顔がこわばる。

・首全体が固まってしまう。

・肩に力が入る。

・足に力が入らない感覚になる。

などなど。最初は、自分のクセを知るゲームのような感覚で、身体のスキャンにトライしてみて。対処することを考えすぎず、緊張を感じるだけでOK!そうすると、緊張が身体のどこの部位に出やすいか、自分のクセがわかってきます。

冷静になりたいときこそ、身体に意識を向けて

冷静にならなきゃ!という時は、いったん頭の動きは止めて、身体に意識を向けてみましょう。意識の矢印を、外側から内側にクルっとさせるイメージ。(その意識の切り替えが出来ている時点で、もう対処できているようなものです!さらに慣れてくると、[1]の全身スキャンが上手になり、[2]の呼吸で身体を整えることがてきるようになってきます。身体が整えば、心も整い、結果的に最善の策をひねり出せたり、無駄なく問題解決に動けるでしょう。

問題にぶつかった時のマインドフルネス。ぜひあなたも取り入れてみて。

 

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する