苦手を克服!「後屈ポーズ」が上達するヨガプロップスの使い方

DAVID MARTINEZ

苦手を克服!「後屈ポーズ」が上達するヨガプロップスの使い方

JASON CRANDELL
JASON CRANDELL
2018-04-02

ダニューラーサナ(弓のポーズ)のためのプラクティス

弓のポーズ
(Photo by DAVID MARTINEZ)

ボルスターの正位置を見つけよう

1.ボルスターを横にしてマットの中央に置く。ボルスターの上にうつぶせになって腰骨がボルスターの手前側の縁に触れるようにする。スフィンクスのポーズのように前腕を床に下ろす。

2.ボルスターの位置がこのポーズのポイントなので、ポーズに入りきったときに適切なスポットにくるかどうかを確認しよう。脚の付け根がボルスターより後ろに離れていると、ボルスターによって骨盤が正しい方向に揺れる感じが得られない。脚の付け根がボルスターよりずっと前にあると、ダニューラーサナ(弓のポーズ)で足首をつかんだときに前につんのめってしまう。

3.ボルスターから受け取る合図に従って、軽く腹壁を引き締める。これによって骨盤を後ろ側に傾けておくことが可能になる。息を吐きながら膝を曲げて、背中を反らせて足首の前をつかむ。前方に落ちる感じがある場合は、ボルスターの位置を調整する。胸と肩が深く開いて、腰部が穏やかにしなるのを観察する。横隔膜がボルスターに押されて呼吸が難しくなるかもしれないが、3~5回呼吸をしてからポーズを解除する。

ポーズの効果:骨盤前側の縁を引き上げ、腰部を長く保つ。ボルスターのサポートにより、胸を引き上げて上背部を開くのが容易になる。

  • 4
  • /
  • 4

Photos by David Martinez
Model by Karen Chadwick
Translated by Chami
yoga Journal日本版Vol.21掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

コブラのポーズ
アップドッグ
弓のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する