「油=不健康のもと」って思ってる?栄養学の専門家が選ぶ体にうれしい油8つ

Erin Kunkel

「油=不健康のもと」って思ってる?栄養学の専門家が選ぶ体にうれしい油8つ

MATTHEW KADEY
MATTHEW KADEY
2018-03-31

また、体の炎症を抑えてくれるものもある。調理に適している種類の油もあるが、高温になると健康によい効果が失われてしまう油があることにも注意しよう。エキストラバージン・オリーブオイル、ヘンプオイル(麻実油、大麻油とも)、ゴマ油などは高温に弱く、スモークポイント(発煙点。油を加熱して発煙しはじめる温度)に達すると、分子レベルで化学変化を起こしてしまう。これにより、体内のフリーラジカルの活動を増長させるかもしれない、潜在的に危険な分子を生み出してしまう。こうした揮発性油は熱とは無縁の使い方をしたほうがいい。そして、そのほうがそれぞれの独特の風味もより引き立つはずだ。たとえばサラダやスープの上にシンプルにたらしたり、フムス(ひよこ豆のディップ)や白豆のディップの中に混ぜたり、野菜炒めの仕上げの香りづけなどにもぴったりだ。次に、体によく、風味も豊かな8種類の油を紹介しよう。これらの油はどれも、善玉脂肪として知られる一価不飽和脂肪やオメガ3多価不飽和脂肪酸を多く含有している。この善玉脂肪が血中のLDL(悪玉)コレステロールのレベルを下げ、炎症を抑えることで、心臓疾患や脳卒中のリスクを弱める(栄養学の専門家は一般的に、コーン油や大豆油など溶剤抽出法で採られた油は避けることをすすめている。これらは体の炎症を促進させると考えられているオメガ6脂肪酸が高いからだ)。油を購入するときには、瓶に記載された賞味期限に留意し、期限内に使い切れる分だけを買うこと。そして保存期間を延ばすためには、オーブンから離れた冷暗所に保管すること。また、どの油も空気が入り込まないように、しっかり密封することを忘れないようにしよう。

Photo by Erin Kunkel
Translated by Tomoko Kawaguchi
yoga Journal日本版Vol.33掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

オイル
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する