太ることは不幸ではない!米カリスマヨガティーチャーが語る「スマートエイジング」のヒント

JEFF NELSON

太ることは不幸ではない!米カリスマヨガティーチャーが語る「スマートエイジング」のヒント

YJ EDITOR
YJ EDITOR
2017-11-08

世界を股にかけるヨガティーチャーで、健康やライフスタイルに関するライターとしても活躍するキャサリン・ブディグ。体についてのイメージングや自分を受け入れること、そしてスマートエイジングについてインタビューした。

YJ Editor(以下、YJ):「私たちは時々、ちょっとした不健全さを楽しむべきだ」とブログやソーシャルメディアの記事に書いているのを見たことがあります。その意見に賛成です!
キャサリン・ブディグ(以下、キャサリン):食べ物は体に栄養を与え、体を動かす力になります。でも、極端な食事制限をしたり、油や脂質をカットしたり、自制したりする人も多いですよね。それは、他人からどんな風に見られるかを気にしているからということが多く、このことに私は胸を痛めています。どんな風に見られるのかではなく、自分がどんな風に感じるのかにもっと関心を持ってくれたら、と思います。私自身も極端な浄化法をしたことがありますが、それが私の目を覚まさせてくれました。その時全然幸せでなかったのです。生きることを楽しんでいませんでした。レストランなどでは食べられる物がなく、飲みに行くこともできなかったので人付き合いもできなくなっていたのです。とはいえ、健康とは正反対のことや、過食をすべきだと言っているわけではありません。でも、ケーキやバターの入っている食べ物などに恐れを抱いてほしくないと思うのです。食べ物に注がれるエネルギーも、消化され体に取り入れられるのだと考えています。例えば「これを食べたら太ってぶくぶくになって、不幸になる」と言うとします。すると、それを食べたらすぐに不幸になってしまうのです。でも、もしクッキーを見て「わあ、きれい。チョコレートチップたっぷりでおいしそう。あなたを食べて消化するわ。お腹の中でダンスパーティが開かれているみたいになって、素晴らしいことになるはず」と言って食べたら、あなたは幸せになるのです。

Styling by Emily Choi
Hair&make-up by Sally Wakler(Alchemy Mineral Blend)
Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.38掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する