「ねじった三角のポーズ」を安全に行うために意識したいこと

DAVID MARTINEZ

「ねじった三角のポーズ」を安全に行うために意識したいこと


STEP2 マリーチャーサナⅢ

パリヴルッタトリコナーサナ
(Photo by DAVID MARTINEZ)

背中の下部と中間部をねじりながら背骨を長くする。
 

準備
ダンダーサナで座る。
• 右膝を胸のほうに引き寄せる。かかとを尻の前の床に置き、すねが床と垂直になるようにする。
• 両脚は手のひらの幅程度開き、平行になるようにする。
• 右のすねを両手で抱え、胴体をさらに引き上げる。ハムストリングに突っ張りを感じる場合や、上体が後ろに倒れてしまう場合にはブランケットを尻の下に敷く。
 

完成ポーズへ
•息を吸いながら左足を10cm程度前に伸ばす。これにより、背中の真ん中と肩だけのツイストではなく骨盤、腰からねじりやすくなる。
•息を吐きながら右に体を回転し、右手を後ろの床に置いて体を支える。
• 息を吸いながらお腹を引き入れ、胴体を引き上げる。左肘で右のすねを包むようにし、息を吐きながらすねを自分のほうへと引き寄せてさらにねじりを深める。目線は右肩の先にし、背骨をまっすぐに立てておく。
• 左腕の中で右膝を押し、軸がぶれないようにする。

ポーズが完成したら
•肩をリラックスして数呼吸。
•くつろぎを感じ、反対側も同様に行う。
 

Model by Sarita Louise Moore
Styling by Emily Choi
Hair&make-up by Gregg Hubbard
Translated by Mami Larch
yoga Jounal日本版Vol.36掲載

All photosこの記事の写真一覧

パリヴルッタトリコナーサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する