ビーガンライフへの心配を吹き飛ばす7つのアドバイス

PIXTA

ビーガンライフへの心配を吹き飛ばす7つのアドバイス

BETH JANES
BETH JANES
2017-11-09

バターやチーズ、肉が食べたくなったときの対処法は?

ビーガンライフの実践
(Photo by PIXTA)

「深呼吸をして、数少ない食べられないものではなく、非常にたくさんの食べられるもののことを考えましょう」とパーマーは言う。乳製品や肉の代わりにビーガンな食材を使ったお気に入りのレシピを作ることも、乳製品や肉を食べたい欲求への対処になる。また、バターの代わりには、アボカドやナッツバターを使うのがおすすめだ。料理をするときには、エクストラバージンオリーブオイルや精製されていない植物性オイルを使おう。バターの風味が欲しい時には、様々な油をブレンドしたビーガンスプレッドもいい。そして最終的には現実に目を向けよう。そもそもなぜビーガンになろうとしたのか。時間が経てばそのような欲求は自然になくなってしまうということを覚えておこう。

 

完全タンパク質とは?

完全タンパク質とは全9つの必須アミノ酸がバランスよく含まれているタンパク質のこと。キヌアや大豆などの例外を除くほとんどの植物性食品は1つか2つのアミノ酸が不足している。アミノ酸はタンパク質を構成しているが、9つの必須アミノ酸すべてを含むものを毎食摂ることはそれほど重要なことではない。全粒穀物や豆、ナッツ、野菜などをバランスよく含む食事をしていれば、必要な必須アミノ酸を1日、もしくは1週間のうちに摂ることができる。

  • 4
  • /
  • 4

Translated by Mami Larch
yoga Journal日本版Vol.38掲載

All photosこの記事の写真一覧

ビーガンライフの実践
ビーガンライフの実践
ビーガンライフの実践
ビーガンライフの実践
ビーガンライフ
ビーガンライフの実践
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する