朝起きられない人に。体内時計をリセットする「朝と夜のアーユルヴェーダ」

PIXTA

朝起きられない人に。体内時計をリセットする「朝と夜のアーユルヴェーダ」

毎朝起きるのがつらい人は、体内時計をリセットする必要がありそうだ。アーユルヴェーダの知恵を借りて、朝のストレスから解放されよう。

朝起きるのに苦戦し、日中は睡魔に襲われる。夜になっても気が休まらずうまく寝つけない。そんな症状があるなら、体内時計を一旦リセットする必要があるかもしれない。5000歳になるヨガの姉妹科学であるアーユルヴェーダでは、自然界のサイクルにリズムをあわせて暮らすことが、健やかに、そして清々しい気分で一日を過ごすための鍵になると考える。それは文字通り、またエネルギーレベルにおいても、太陽とともに寝起きすることを意味する。体内時計を自然のサイクルに近づけるためにアーユルヴェーダの伝統が推奨するのは、朝と夜に行う一連のプラクティスで、総合的に「ディナーチャーリヤ」と呼ばれている。瞑想やヨガはもちろん、日中のアクティビティすべてに集中力と落ち着きをもたらしてくれる習慣だ。「ディナーチャーリヤを行うとき、自分自身を大切にケアしていることが実感できます」と話すのはコネティカット州ニューヘブン在住のアーユルヴェーダ実践者で、ヒマラヤンインスティテュートのアーユルヴェーディックヨガスペシャリスト養成プログラムの創設者、キャサリン・テンプルトンだ。「指導、子育て、プラクティスなどすべての時間に安定感が生まれ、取り組みやすくなりました。また、心のゆとりも感じられるようになったのです」体内時計を調整するために、日頃の生活習慣を次のページから紹介するシンプルなアーユルヴェーダのプラクティスに置き換えてみよう。朝のプラクティスは、身を清め活力をもたらすもので、落ち着いた気づきの感覚で満たしてくれる。夜のプラクティスはくつろぎをもたらし、心休まる睡眠へと誘ってくれるだろう。ヨガで体を動かすことや瞑想もディナーチャーリヤに不可欠だ。朝食前のヨガ、朝夕の瞑想を組み合わせて行うようにしよう。まず手始めに、ひとつかふたつのプラクティスからはじめて、1週間が経過したら気分や体調について記録するようにしよう。そして新たなプラクティスを追加して観察を続けるのだ。いつのまにか、歯磨きのように日常的な習慣になっているだろう。

Photos by Trinette Reed & Chris Gramly
Translated by Kanako Izawa
yoga Journal日本版Vol.33掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する